森で働く!緑の雇用担い手育成対策事業

 林野庁では平成14年度補正予算から、「緑の雇用担い手育成対策事業」を実施し、林業への新規就業希望者の技能・技術習得をバックアップしています。
 近年、森林の中で働きたいという人々が増えていますが、一人前になるには最低2〜3年かかるのが実情です。漠然としたあこがれや都会からの逃避だけでは通用しない厳しさももっています。
 また、地域に積極的に溶け込んでいく努力が欠かせませんが、多くのI・Uターンの先輩達が地域の活性化の牽引役となって活躍しています。


求人担当 事業課 畠山 TEL.0185-54-9300